【2023年】新車で買えるMT車を紹介します!イタリアスポーツカー編

写真&映像

今回は「2023年に新車で買えるイタリアのMTスポーツカー」を紹介していきます。

途中で生産終了・販売終了している可能性もありますがご了承ください。

他の国の2023年に新車で買えるMTスポーツカーを紹介しています。

イタリア車の特徴は、美しくスタイリッシュなデザインや、高性能なエンジン、高い走行性能、そしてスポーティな走りが挙げられます。

スポンサーリンク

ABARTH

アバルト(Abarth)は、イタリアの自動車メーカーで、主にフィアットの車種をベースにしたスポーツモデルの開発・販売を手がけています。

アバルトは、元々はカルロ・アバルト(Carlo Abarth)が設立したスポーツカーチューナーであり、1960年代にはフィアットと提携して、フィアット・500をベースにしたアバルト・500や、フィアット・124スパイダーをベースにしたアバルト・124スパイダーなど、多数のスポーツモデルを開発してきました。

アバルトの車両は、エンジンやシャシー、サスペンションなど、多くの面でチューニングが施され、スポーティな走りを特長としています。また、専用のエクステリアやインテリアデザインも特徴的で、独自性を高めています。

現在でもMT車を製造し続けているメーカーでもあります。

F595

乗車定員4名
重量1120kg
駆動方式FF
最高出力164ps(121kW)/5500rpm
最大トルク23.5kg・m(230N・m)/2250rpm
エンジン形式直列4気筒DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボ
排気量1368cc
ガソリン無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)
トランスミッション5MT
燃費14.2km/L
価格4,340,000円〜

「F595」は、フィアット500をベースにしたスポーツモデルで、エクステリアやインテリアのデザインをはじめ、エンジンやシャシーなど、多くの面でチューニングが施されています。

エンジンは、1.4リットルの直列4気筒ターボエンジンで、最高出力は164馬力、最大トルクは230Nmを発揮し、トランスミッションは、5MTのみという本気設定となっています。

そのほか、専用のスポーツサスペンションやブレーキ、スポーツシート、専用のアルミホイールなどが装備され、走りの面でもスポーティな印象を与えます。

695 COMPETIZIONE

乗車定員4名
重量1120kg
駆動方式FF
最高出力180ps(132kW)/5500rpm
最大トルク25.5kg・m(250N・m)/3000rpm
エンジン形式直列4気筒DOHC 16バルブ インタークーラー付ターボ
排気量1368cc
ガソリン無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)
トランスミッション5MT/ 5AT
燃費14.2km/L
価格4,800,000円〜

「695 COMPETIZIONE」は、F595と同様1.4リットル直列4気筒エンジンを搭載していますが、最高出力は180馬力、最大トルクは250 NmとF595を上回るハイパワーモデルとなります。

また、専用に設計されたサスペンションとブレーキシステムが採用されていて、走行性能を最大限に引き出すために、減衰力やスプリングレートが調整されており、ブレーキには4ピストンブレンボブレーキキャリパーが純正装備され、高速コーナリング時でも安定した操縦性を発揮します。

サーキットでもそのまま使えるハッチバックスポーツカーとなっております。

スポンサーリンク

PAGANI

パガーニ(Pagani)は、イタリアに本社を置く高級スーパーカーメーカーです。

パガーニは1992年に、元ランボルギーニの設計者であるオラチオ・パガーニによって設立されました。

パガーニは、手作業で作り上げられるハイエンドスーパーカー(ハイパーカー)の製造に特化し、緻密なデザインと技術革新によって、業界内で高い評価を受けています。

同社が製造するスーパーカーには、Huayra(ファイラ)やZonda(ゾンダ)などがあり、そのほとんどがカーボンファイバー製のシャシーを採用しており、軽量かつ高剛性なボディ構造を実現しています。

また、高性能なエンジン(AMG製)やトランスミッション、アクティブエアロダイナミクスなど、最新のテクノロジーが多数搭載されています。

パガーニで創り出される車は、個性的で美しいエクステリアデザインが特徴的であり、一台一台が職人の手によって手作りされ、非常に希少価値が高い高級車として知られています。

そして、パガーニの車のほとんどはMTというスーパーカーの中でも異色の存在でもあります。

Utopia

乗車定員2名
重量1280kg
駆動方式MR
最高出力864ps(635kW)/6000rpm
最大トルク112.2kg・m(1100N・m)/2800~5900rpm
エンジン形式V型12気筒DOHCツインターボエンジン
排気量6000cc
ガソリン無鉛プレミアムガソリン(ハイオク)
トランスミッション7MT
燃費-km/L
価格358,400,000円〜

「Utopia」は、Zonda、Huayraに次ぐパガーニの3台目の車種で、99台の限定発売として、2023年夏に市場導入されるスーパーカーとなります。

パガーニの大きな特徴であるカーボンファイバーの製造技術を活かし、1280kgの超軽量ボディにAMG製のハイパワーエンジンを搭載しています。

最近のスーパーカーは時代の流れ等もあり、ハイブリッド化、DCT化が進む中、パガーニはガソリンエンジン&MTというニッチなファンにはたまらない車を作り続けてくれています。

スポンサーリンク

少しでも安く買い替える方法

ここからは少しでも安く買い替える方法をお教えします。

結論から言うと、「今乗っている車をいかに高く売却すること」です。

これは基本中の基本ですがかなり重要です。

車購入時のディーラーで下取りに出していませんか?

それ、実は勿体無いです!

実際、車を購入する時の値引きはどこも微々たるモノです。

しかし車の売却は違います!

車の売る方法を少し変えるだけで、10万円〜100万円以上の売却差が生まれることも珍しくありません。

車買取業社の選択

車買取業車は全国にごまんとあるので選ぶのが難しいですよね、、、

そこでおすすめなのが一括査定を行なっている「MOTA車買取」です。

MOTA車買取

MOTA車買取の特徴は大きく分けて3つあります!

MOTA車買取の特徴
  • 一括査定だが営業電話がかかってくることがない
  • WEB上だけで翌日18時に概算査定額を確認できる
  • 取引手数料や成約手数料が一切かからない

それでは1つずつ紹介していきます。

一括査定だが営業電話がかかってこない

まずは他の一括査定を謳う車買取業車と日がうところは、一括査定した際にいろんなところから営業電話が鳴り続けることがありません。

一般的な一括査定車買取業車は、他の買取業車に取られたくないため直ぐに査定し、売却を急がしてきます。

MOTAの場合、一括査定しても電話番号などの個人情報は送られないため、営業電話はかかってきません。

査定してくれた業者のうち、高額上位3社まで絞ることができ交渉できます。

WEB上だけで翌日18時に概算査定額を確認できる

MOTA車買取では、取引手数料や、成約金が一切発生しないので、売却した際に提示された金額を全額もらうことができます。

ぜひ気になった方は、今乗っている愛車の見積もりを行ってみてはいかがでしょうか?

愛車の相場も知ることができます!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はイギリス「2023年に新車で買えるイタリアンMTスポーツカー」を紹介しました。

今回の紹介車種をまとめます。

イタリアンMTスポーツカー(2023年)
  • ABARTH/F595
  • ABARTH/695 COMPETIZIONE
  • PAGANI/Utopia

イタリアンスポーツカー、三台とも美しいイタリアンデザインを持ったMTスポーツカーですね。

特にパガーニは、多くのスーパーカーがAT(DCT)化していく昨今、頑なにMTを作り続けるこだわりにもかっこよさを感じますね!

気になった車はありましたか?

楽しい車ライフを送っていきましょう〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました